スクラムマスダーの日記

アジャイル、スクラムに関連した内容が多めです。

「関西の地で現場を前進させんとする者達の話」で発表してきました!

DevLOVE関西さんのイベント「関西の地で現場を前進させんとする者達の話」で発表させていただきました。

devlove-kansai.doorkeeper.jp

最近、個人的にも仕事的にも、忙しく、発表報告ブログを書くのも、遅くなりました…。
個人Trelloも、上手く活用できていないので、ダメなサイクル回り始めている気がしてます…。

愚痴っぽいのは、ココまでにして、イベントの内容です。

大規模で技術的に多様な開発に真正面から取り組む

speakerdeck.com

Nexusやモブワークについて、発表しました。
Nexusは、周りでも取り組まれている事例が、全然なくて、今でも、手探り感満載です。
※資料に書いている通り、Nexusをやっているわけではないです。Nexusの一部のプラクティスに取り組んでいるだけです。

そもそも、大規模アジャイル開発と呼ばれる類の事例が、少ないというのもありますね。
※あくまで、ぼくの観測範囲内の話です

そして、人数が多いプロジェクトって、やっぱり難しいです。ただ、出来ることも、数多くあると思います。
そのため、「ぼくと同じようなことで困っている方の助けになれば、いいなぁ。」という思いで、発表させていただきました。

発表後のダイアログや、イベント後の時間にも、色々と参加者の方とお話させていただき、少しでも、参加者の方々の課題解決につながれば、個人的には嬉しく思います。

イベント感想

「限界をつくるな」を精神論で終えないために僕らは何ができるのか

speakerdeck.com

やんしんさんの発表は、TOCfEについて、発表されていました。
選択と集中」、「計れないものは改善できない」など、「やるべきだけど、なかなか出来てないなぁ」と個人的に痛感するモノが多かったです。やはり、本質的に困る部分って、似ているなぁという感じです。

やんしんさんの発表は、いつも、いい意味で生々しいです。現場での泥臭さが分かります。
だからこそ、少しづつでも改善していくことが、伝わっているのだと思います。

心理的安全性を高める活動を組織の当たり前にする方法

森田さんは、社内でLTを実践されている話などをされていました。
発表資料はありませんが、先日のRSGT2018でも、一部の内容を発表されています。

www.slideshare.net

森田さんの発表って、感情的で、聞き入りますよね。
ぼくも、発表のための表現は、改善しないと!と、反省です。

Fearless Change

中村さんが、ぼくの発表に関連して「機会を活かす」で、『Fearless Change アジャイルに効く アイデアを組織に広めるための48のパターン』を紹介されていました。

Fearless Change アジャイルに効く アイデアを組織に広めるための48のパターン

Fearless Change アジャイルに効く アイデアを組織に広めるための48のパターン

ぼくも、前々から読みたいなぁと思っていたのですが、そもそも買ってもいないという…。
とりあえず、Amazon欲しいものリストに入れました。
GWまでには読みたい…。

監訳者の川口さんが、チートシートをブログでも公開されています。

kawaguti.hateblo.jp

組織で困っていることって、やはり似てくると思います。困っている時に、解決するきっかけとして、パターンを知っていることは大事かと思ったりします。

おわりに

今回も、DevLOVE関西さんに発表する機会をいただけました、本当に、ありがとうございます。
次も機会があれば、どこかで、発表したいですね〜。

RSGT2018は、最高のイベントでした! #RSGT2018

2018/01/11から2018/01/13に開催された、Regional Scrum Gathering Tokyo 2018に参加してきました!

2018.scrumgatheringtokyo.org

ぼくは、今回が初参加だったのですが、「最高!」しか思い浮かばないようなイベントでした!

「この思いをブログに書かなければ!」と思ったので、書いてみます。

セッション

セッションは、もちろん色々な学びがありました。

個人的に、一番学びがあったのは吉羽さんの「Scrum プロジェクト開始のベストプラクティス」でした。

www.ryuzee.com

今のプロジェクトで、プロジェクト開始前に、「コレは、やっておくべきだったな…」というものが多く、心に突き刺さりまくりました。

色々なプラクティスは存在しない。しかし、失敗には類似性があるので、インセプションデッキを例にとって、プロジェクト開始前に考えるべき観点を紹介してくださっていました。

特に、「非機能要件はアーキテクチャ、コスト、開発期間などに影響を与える」は、ぐはっ…という感じです。スライドの流れ的にもそうですが、「非機能要件の確定」→「アーキテクチャや開発言語などの選定」なんですよね。
個人的に、「アーキテクチャや開発言語などの選定」→「非機能要件の確定」の流れが多い気がしています。(もちろん、ぼくの短い経験なので、世間一般は、よくわかりませんが…。)
あるべき流れを知らないことこそが、失敗の要因の1つだと思います。

色々と「ああ、こうなんだよなぁ」と感じたところは多いのですが、ぼくのプロジェクトの話は、このブログに書けないので、ココまでにします。
痛感するセッションほど、公開できないのは、つらいですね…。発表していただいた皆様に、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

オープンスペーステクノロジー

3日目は、参加者が、自分で話をしたいテーマを掲げて、参加者同士で集まるオープンスペース形式でした。
「せっかくRSGT来たし、ぼくも、テーマ出そ!」という感じで、「スクラムチームと会社組織の構成」というテーマで、場を設けさせていただきました。
なんだかんだで、人も集まっていただいたので、色々と得ることができました。他の方に役立ったかは、わかりません。
わからないけど、みなさんぼくの話に付き合っていただいたので、本当に感動です。

OpenJam

会場にプロジェクターが置いてあり、自由に発表できるOpenJamのスペースがありました。
通常のセッションの裏で、発表もしていたりと、「知ってたら聞きに行きたかった〜」というものもありました。
このあたりが、もやもやするところなんですけど、このもやもや感が、RSGTの良いところなんだと思います。
「聞けなかったし、じゃあ、話聞きに行こう!」と気軽に思えるのが、RSGTなので。
聞けなければ、話かけにいけば、よいのがRSGT。

個人的に、初参加ということもあり、OpenJamの存在を知らなかったので、「事前にわかっていれば、なにか用意してきたのに〜」と、ちょっと残念でした。
プロポーザルに落ちても、「やっぱりRSGTで、なにか伝えたいのだ!」という方は、事前準備必須です。

参加者との出会い

お昼休憩は1時間以上、短い休憩でも15分と、廊下で様々な方とお会いすることが出来ました。
1日目のセッション終了後には、ネットワーキングパーティー、イベント終了後には、2次会で中華料理を食べに行くなど、色々とお話できたのが良かったです。

書籍や発表スライドだけでお名前を存じ上げていた偉大な先駆者、同じような悩みを抱えて会社で頑張っている同年代、同じ地方ならではの悩みを抱えるコミュニティ運営をされている方などなど様々な方とお話をすることができました。
参加者同士で話をして場を作るというのは、RSGTならでは、と感じました。

いま思い返せば、「あの方とお話しておけば、よかった…」という気もしますが、コレは次回の楽しみにとっておこうと思います。

コーチーズクリニック

スクラムのコーチをされている方と1on1で悩みを相談できる、コーチーズクリニックがありました。
普通に考えて、無料で、スクラムコーチの方にお悩み相談できるとか、贅沢すぎます。
なにか悩みがあれば、間違いなく、利用するべきコンテンツだと思います。

Regional Scrum Gathering Osaka!?の開催発表

Regional Scrum Gathering Osakaを6月に京橋で開催すると、2日目のランチタイムに、川口恭伸さんが発表されていました!
大阪といえば、地元開催です。もう、参加するしかありません。
すでに、ワクワクが止まらない状態です。

 おわりに

RSGTを運営していただいたみなさま、本当にありがとうございます!

今回初参加&東京遠征ということもあり、会場に到着したときには、オロオロしてました。ただ、いつもの関西でお会いしている方々も数多くいらっしゃったので、安心して1日目のKeynoteを聞くことができました。関西のみなさま、本当にありがとうございます。

名刺が、1日目にして、残り1枚になるという事態に陥ったため、名刺交換できなかった方、本当に、ごめんなさい。完全に、名刺を持ってくる枚数を間違えました。次回は、「名刺を箱ごと持ってくる」という改善をします。

今回は、初参加にも関わらず、1日目のランチタイムに「ますだー、FIRST TIMERでは、ないでしょ!」と言われた感じの初参加者でした。
運営の方には、地方からきた初参加者として、少しはフィードバックできたとは思います。地方勢がRSGTに初めて参加しても寂しくない取り組みは、RSGT前から地方でできるので、関西で頑張ろうと思います。

アジャイルラジオ、聞いてますよ〜」と声をかけていただいた皆様ありがとうございます!最近、全然、出演できていませんが、みなさん、今後も聞いてください!

agileradio.github.io

来年も、必ず参加するぞ!

f:id:scrummasudar:20180113210403j:plain

RSGT2018のスライドまとめ #RSGT2018

2018/01/11からRegional Scrum Gathering Tokyo 2018が始まりました〜。

2018.scrumgatheringtokyo.org

発表スライドまとめてみました。
個人的に見つけたスライドだけですので、他にもあれば教えていただけると嬉しいです。
今は1日目のみですが、日々更新予定です。
2日目発表分を更新しました。
3日間の内容としました。

1日目

Keynote

Build a Workplace People Love – Just add Joy

speakerdeck.com

HALL-A

心が折れてもソシキ・カイゼンを続けられるたった一滴の魔法

speakerdeck.com

チームワークあふれる働き方を目指して -サイボウズが歩んだスクラム導入の道-

www.slideshare.net

ゲーム開発現場の中心で心理的安全性を叫ぶ

www.slideshare.net

Scrum プロジェクト開始のベストプラクティス / Best Practice for Initiating Scrum Project

www.ryuzee.com

HALL-B

Cultural context is everything

サーバント・リーダーシップを掘り下げて考えましょう

www.slideshare.net

6 Years Of Teaching Certified Scrum Developers: Re-spec, Re-design & Re-entry

Walking Scrum History with Patterns

slide.attractor.co.jp

2日目

Keynote

敢えて属人化せよ!エキスパートの集団こそが最強のチーム(Embrace Collaboration and Fun of Coding)

HALL-A

リモートワークは難しい - それでもぼくらは歯をくいしばってやっていく

speakerdeck.com

スクラムチームとして、妨害リスト(Impediments List ) を運用して見えてきた課題解決方法

speakerdeck.com

「ふりかえり」の始め方と続け方

speakerdeck.com

モヤモヤ女子大生がプロダクトオーナーになったら!

Panel - 実感駆動でものづくり ー 協調学習過程としてのスクラム。欲しいものを、どうやって知るか。

www.slideshare.net

www.slideshare.net

HALL-B

Scrumが難しいのは幻想 -情熱の再定義-

speakerdeck.com

ウォーターフォール大規模プロジェクトの中でスクラムでチーム運営をやってみた

speakerdeck.com

アジャイル開発をさらに進化させる組織KPI導入のすすめ

Smug? Oyatsu Shrine ~ Improvement patterns seen through practicing "Oyatsu Shrine" ~ どや!?オヤツ神社 ~実践しているオヤツ神社を通して見る改善パターン~

www.slideshare.net

がんばれスクラムマスター(流しが見てきたスクラムマスターの理想と現実)

speakerdeck.com

Teamwork Revolution - チームとものづくりに真正面から向き合うモブプログラミング -

speakerdeck.com

Workshop

「プロばこ」で学ぶ作業プロセス・デザイン・ワークショップ

帰ってきた地獄のデイリースクラム

OpenJam

「組織の中で自分を活かす生き方」のはじめかた

www.slideshare.net

Let's Enjoy Retrospective Facilitation!!!

speakerdeck.com

マイクロサービス化プロジェクトへ スクラムを導入しようと思った3つの理由

0から始めるスクラム開発 ~中途入社エンジニアが集まって始めたスクラムの変遷~

Less導入によるビフォーアフター

名古屋オフィスへのスクラム導入事例

3日目

Workshop

あなたのLeSS(大規模スクラム)を作ろうゲーム(build your own LeSS game)

Keynote

あなたの中に世界がある / You are the World

資料は公開されないとのことです。