スクラムマスダーの日記

AWSやアジャイルの学習の記録

「Agile Japan 2017 京都サテライト おいでやす〜」に参加してきた!

2017/06/17は、Agile Japan 2017 京都サテライト おいでやす〜に、参加してきました!

connpass.com

運営のみなさま、ありがとうございます!京アジャさんのイベントに参加したのは、初めてでした〜。
11年ほど、京都で学生してましたが、社会人になると、なかなか京都に行きませんね…。

「ブログを書いて、かつ、現場で実践するまでが、京都サテライトの受け入れ条件」とおっしゃっていたので、ブログ書きます!

※と言いつつ、大阪サテライトも、ブログ書いてますよ!

scrummasudar.hatenablog.com

基調講演

Joshua Kerievskyさんのモダンアジャイルのお話でした。
資料は、コレです。
心理的安全性は、アジャイル界隈で、なぜか話題な気がします。
大阪サテライトでも同じものを見たので、理解は進んだかも??

メトリクスによる「見える化」のススメ: No 見える化、No 改善

伊藤 宏幸さんのワークショップでした。

www.slideshare.net

f:id:scrummasudar:20170618212543j:plain

見える化は、見せ方を数字に拘る必要はないと感じました。
現場でも、色々と使える内容は、多いと思います。
課題自体の掘り下げも大事ですね。ふりかえりでファシリテートしている身としては、色々と考えさせられます。

7チームの状況を見渡している伊藤さんの視野とか観察眼がすごい…。
伊藤さんが、素晴らしい方であることは、もちろん以前から存じ上げてます。

芯を通す開発を目指して ー アジャイル"ファン"が本気でアジャイル開発に取り組んだ2年間 ー

前川 博志さんの発表。

www.slideshare.net

発表内容は、まさにその通りだなぁという感じでした。
アジャイルとかウォーターフォールといった開発プロセス関係なく、考えるべき内容だと思います。
ぼく的には、メーカー、サービサーで、ずっと働いているので、常に気をつけている内容でした。

むしろ、リモートで、どうやって開発しているのかが気になりました。

懇親会

LTが出来たので、やりました!大阪サテライトに続き、2週連続の発表でした。
「分厚い技術書に立ち向かう 『アジャイルな見積りと計画づくり』読書会」というタイトルで発表しました。

speakerdeck.com

QAを担当されている方が、アジャイルについて発表されており、DevOpsの前に、DevQAというのは、その通りだなぁと思いました。
英語のDevOpsのWikiには、Dev、QA、Opsとありますね。QA大事です。

おわりに

伊藤さんとお話させていただいた時に、「Twitterで知ってましたよ〜」って、言っていただき、「まじか〜」ってなりました。
ホント、光栄ですね。
これからも、関西で、頑張ろ!