読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スクラムマスダーの日記

AWSやアジャイルの学習の記録

激突! Aiming x CloverLabに、参加してきました!

2017/03/11は、激突! Aiming x CloverLabに参加してきました。
今回のブログは、イベントの報告です。

発表内容

MessagePack-CSharpってシャープなの?

クローバーラボの前田さんの発表。

www.slideshare.net

ゆるドラシルでは、WebViewをまだ使っているので、ユーザーからローディングに時間がかかったり、頻繁だったりという声があるので、対策した話でした。
サーバークライアント間は、JSONでやり取りしていたようなのですが、上記対策のためにMessagePackを採用したらしいです。
MessagePackのWebサイトは、コレ

MessagePackの導入効果は、

  • データサイズのダウン
  • 通信速度の向上
  • パース、シリアライズの処理が短くなる

といったようでした。

シリアライズしないから速いというZero Formatterというシリアライザーがあるらしいです。
ゲームのクライアント側で、利用しているとのこと。

やはり、データ量小さくして、速度上げるのは、どんなソフトウェアでも、重要ですねー。

AndroidでVulkan事始め

Aimingの藤井さんの発表。

www.slideshare.net

Vulkanという、ローレベルグラフィックスAPIについての話でした。
VulkanとOpenGLを対比して、メリット・デメリットをお話されてました。

普段お仕事と全然関係なかったので、よくわからんかったです。

要は、「画面の処理はCPUではなくGPUを利用しましょう。
余ったCPUは別の処理に活用しましょう」って感じでした。

サービスが生まれてから死ぬまで

Aimingの菅野さんの発表。

www.slideshare.net

サーバーインフラエンジニア視点でのプロジェクトの流れについて、お話されてました。

色々なフェーズで気をつけるべきことあるなー、って感じです。

クローバーラボインフラの歩み

クローバーラボの鏑木さんの発表。

クローバーラボ創業期は、受託開発がメインだったようですが、自社サービスを開発したということで、社内にサーバーを設置したとのことです。
サーバー1台だけだったのですが、登録人数が1000人とかだったので、悲しいかな全然余裕だったとのこと。

ソシャゲ全盛期は、モバゲ、グリーにのっかって、自社サービスを開発したとのことです。
自社ではなく、サーバーは委託し、ホスティングされていました。

京都のゲーム会社さんとの話をきっかけに、クラウドサービスに移行することを決めたとのこと。
自社でのサーバー運用がなかったので、鏑木さんがお一人で、勉強されながら頑張ったとおっしゃっていました。

ヤフーモバゲーのゲームで、大量のユーザーがアクセスするとファイルが落とせないということをきっかけに、CDNを使うように!

ユーザーがどんどん増えてくると、メモリ16GBだと不足してきたので、プライペートクラウドへ移行!

ゆるドラシルがヒットしてTVCMが決まると、物理サーバーへ移行!
CDNも増えたので、年間契約するも、次の大ヒットが生まれず、いっぱい余らせることに・・・。

ぼくとCassandraの6にちせんそう

クローバーラボの佐藤さんの発表。

www.slideshare.net

ユーザーの情報が消えたから、頑張って復旧した話でした。
6日間という中で、非常に濃い内容のことを実施されているなーって感じです。
ただ、トラブル対応って、濃い内容のことやってる感じはして、成長したー!
って実感しやすいんですけど、そもそも起こしちゃダメだよなーって感じもします。

おっさん流サーバースケール見積もりの勘所

Aimingの方の発表。

勘も大事だけど、同時接続数とか、最大ユーザー数とか、色々考慮できる点はあるよなーと、僕は受け取りました。

計算式自体は、十分納得できる内容だったので、ゲーム分野でなくても、考えれるパターンはありそうです。

ゲーム会社で
ゲーム以外のことを開発してる話

Aimingの富田さんの発表。

KPIのツールとかつくってますよーって話でした。

ゲーム自体が面白いことも大事ですけど、ビジネスサイドとしての収益とかも考えなきゃダメなので、
KPIツールとか、集計ツールとか開発されている方の重要性を再確認したという感じです。

エンジニアマネージャーの仕事

クローバーラボの畑中さんの発表。

hatajoe.github.io

プロジェクトには。

  • 監督
  • コーチ
  • マネージャー
  • プレイヤー

がいて、それぞれの役割があるよねーって話でした。

意思決定が伝わってないかったり、信頼関係が大事だったり、未来を想像させれるようにしたりとか、基準がそろえるとかチームを良くしていくには、技術だけじゃないよなーって、なります。

で、コーチがいない問題というのは、どこにでも発生しやすいんかなぁと。
やはり、育成や教育大事といいつつ、専任の人がいないなんてパターンはありがちですね。
OJT研修とかカッコよくいってますが、教える側は、教えるプロではないわけで。
もちろん、教えることを通して、教える側がスキルアップすること自体は否定しませんが。
教えるという観点でプロであることは、大抵の場合、否だと思います。
きちんとコーチ的な人がいることで、真にスキルアップできるのかなぁと思いました。

懇親会

懇親会は、炭焼きジョニー 西中島店でしたー。

色々お話できるから、個人的には、講演を黙って聞くより、ワイガヤで議論できる方が、好きです。
なので、懇親会は好き。